​2019年度演舞 耀冥

テーマ

​「百鬼夜行 安倍晴明」

これは古い昔の福井の街。夜の街に響き渡る不気味な音。奇妙な笑い声。

この地に集うは百の妖。それを率いるは魑魅魍魎の主、ぬらりひょん。

奴が蠢くこの町では一つの光として届かない。

その邪気を払わんとするは、陰陽師、安倍晴明。

出会うことのない光と闇が交わる時、この地に大きな変化をもたらす。

果たして、闇夜が終わり、朝日は昇るのか、、、

​まだ見ぬ舞台を目指し、心を一つにするよっしゃこいを表現しました。

​ー妖雲ー

闇夜に轟く妖怪と

​朝日に導く晴明の物語

こは福井の地。不気味な音色と共に

眠っていた妖怪たちが動きだす。

意気転昂に踊り出す漆黒の妖

​妖艶な美しさを纏う紫の妖

賑わう宴も泡沫(うたかた)に妖雲が

かかる

​皆が恐れる奴が姿を表す

​ー侵略ー

魑魅魍魎の主

​   ぬらりひょん

ついに奴が来た

体から溢れ出す 邪気

大地を穿つ(うがつ) 圧倒的迫力

異風凛然 空を断つ

​そう 我が名はぬらりひょん

我に続け!!

奴の統率力により、みるみる妖は一つとなる

​百鬼を束ねるこの力に 微かな光も届かない

ー浄化ー

穢れし心よ

​   鎮まり給え

月下の光に照らされて、現れるは安倍晴明

花衣を身に纏うその美しい姿

陰陽寺の名の下に

そなたの邪気を払って見せよう

​ー争闘ー

生死をかけた大勝負

​  二つの力は拮抗する

闇夜の王者ぬらりひょん、闇を払う晴明

出会うことのない二つの力がぶつかる時、

空が荒れ、大地を揺るがす。

死闘の末、交えた二つの拳は一つの力と

なり、世界を目映く照らし始める。

​ー共鳴ー

あの朝日に向かって

  さぁ 今 心一つに

戦い抜いた末に生まれる絆

思いが通じあったからこそわかるもの

敵なんて誰一人としていない。

​この広い世界で出会えたことに感謝して

共にまだ見ぬ舞台、朝日に向かって

心を一つにして、進んでいこう

絆を結べ 輝け笑顔

​共に奏でろ

​ー歌詞ー

光を引き連れて 

   朝が夜を追い越していく

      耀くその先へ 走れ

この広い世界で 僕らは出会い

  共に明日へ 共に未来へ

     続く道の先へ

晴れ渡るこの空 仲間との無限の絆が

新たな光へと 繋ぐ