S__43581468.jpg

テーマ
​   『よっしゃこいが描く祭』

​祭りとは、普段とは異なる「非日常」を表し、「非日常」を行うことで、

日常のケガレを払う意味を持ちます。

​コロナウイルスによって、当たり前にあった日常が崩れてしまった。

その中で、自分達が活動できる環境のありがたさ、関わってくれている人々への「感謝」​の想いを改めて実感しました。

わたしたちの描く祭りでケガレを払い、皆の活気ある日常を取り戻したい。

そんな願いや想いを演舞に込め、表現しました。

S__43581460_edited.jpg

​ー日の出ー

​積もる想いが 

     心を燈す

山間から顔を出した朝日。

耿耿とした光が人々の目覚めを呼ぶ。

祭の準備に心を踊らせる。

​始まる祭りに思いを込めて。

S__43581458_edited.jpg
S__43581464.jpg

​ー祭の始まりー

今 我らの祭りが始まり
​  賑わう市民はてんてこ舞い

町を埋め尽くす人の数。

福井の地に「非日常」が始まる。

​立ち並ぶ露天商、人々の波で町は祭一色に

S__43581466.jpg

​ー期待ー

奏でるは共鳴の華

​    太鼓の鼓動が鳴り響く

笛と太鼓の囃子、三味線の音。

音が広がり、心が踊る。

人々の一体感を生み、近づく神輿に期待が高まる。

S__43581472.jpg

​ー夕暮れー

茜 暮れてゆく
​   今宵の軌跡、光を放つ

神輿の情熱が尾を引く黄昏。

​出逢えた奇跡、祭りを行える日常に感謝して、心一つに空を見上げる。

S__43540488.jpg
S__43581476.jpg
japanese-paper_00172.jpg
150845.png

2021年度作品 想燈

S__43581470.jpg

​ー白熱ー

氏子を取り巻く

      神輿の息吹

皆だし背負うは克己心

纏て奮うは一味同心

古今東西全てを巻き込み​

今こそ見せる男気よ

S__43540489.jpg

​最高潮ー

ありふれた日々への感謝を胸に
鮮やかな花火を咲かす

今日この日は、一生に一度しかない特別な日。

​そこで出逢えた仲間と紡いだ絆を胸に、共に大輪の華を咲かす。

この景色を胸に刻み、忘れないよう燈し続ける。

S__43540486.jpg
S__43540487.jpg

​ー歌詞ー

​さぁ 袖をなびかせて 煌めく町に皆集え

光豊かな晴れた日に 共に織りなせ我らの祭 今

高鳴る民の声 賑わう心

鮮やかな喧騒に 想いよ咲き誇れ

声弾み 色づいた世界 鳴り響き

笛、太鼓、お囃子と共に舞い踊れ

いざ想いを滾らせ さぁ幸よ 届け

茜暮れてゆく 今宵 皆の軌跡一つに

光放て 空へ

願い結び輝く華 咲け 彩れ 彼方へ

すべて今に懸けて

共に歩む心 色溢れ出す 熱く燈す想い乗せて

夜空に描く 数多の夢

かけがえのない絆 抱きしめて

​まだ見ぬ明日 強く進み 絶えることない笑顔繋げ